【オルサガ】第7回レコンキスタ感想

オルサガで第7回レコンキスタが終了しましたのでざっくりと感想を。

目次

第7回レコンキスタ感想

今回のレコンキスタは相変わらずリドラフトジェム主軸だったように思いましたが、UR遠が充実したことによって遠従者タクティクスは必須クラスになりました。これは今後も強くなる傾向でしょう。

そして、遠従者によってフォートレスキャッスルヴェールが入れやすくなり、CB対策でわざわざ入れなくても自然に入るので赤はリスクは高まったはずです。

赤は獲得TPとスコアともに万能ですがフォートレスヴェールによって使いにくくなり、獲得TPや殲滅スコアアップスロットが開いた後半は青の確実性の方が高かったと思います。

基本は赤の方がスコアが上ですが、マッチングや談合によって相手によってスコアが左右される部分も大きすぎると感じました。

紫はかなり強化をしないと選択肢に入らないので、獲得TPやスコアアップをもっと盛り込んでもよさそうですし、相手CBスコアダウンなどの思い切ったものがあってもいいかもしれません。

あとはフル参戦騎士団が減ったなあという印象でした。おそらく50位以内の騎士団でも昼夜平均参戦率は90~95%程度で、常に20人参戦しているだけで上位に入れる状況だったと思います。まあこれはプレイヤーにとっては負担が少なくていいことでもあるのですが。

意外に使えたジェム

リドラフト、遠従者、ディレイ2秒、獲得TP5、強襲アップ、スコアアップ系などの定番どころのジェムは当然ですが、新ジェムが意外に使えるものが多かったように思います。

特にブリッツとストリームですね。

強襲確率と強襲スコアアップというレコンキスタ赤染めにマッチしたタクティクスなのでブリッツは効果的でした。

ストリームは速度と攻撃力アップで、攻撃力インフレしまくった状態で先制攻撃ができるので、一方的なバトル展開となることも多かったです。やはり殲滅において速度は重要ですね。

残人数でスコアアップのトリオンフもストリームと相性がよく、今後はランページ並みに重要に考えなければならなさそうです。

リベンジャーはレベル1のみでしたし、負けてる時のみの効果なのでスコア伸ばしには不向きなのが痛いですね。一番戦略性があると思いますが。

レコンキスタが楽しくなった

イベント薬配布やストーン集めが楽になったことにより、レコンキスタは以前よりかなり楽しくなった感があります。

以前は苦行の不評イベントだったレコンキスタでしたが、これなら通常戦よりも割と待ち遠しいぐらいです。

ジェムガチャはしんどいので、ガチャ演出無くすか10連ジェムガチャがほしいなと感じました。

あとは紫のバランス改善があると選択肢が増えますが、楽しくなるか面倒になるかは微妙なところかもしれません。

まとめ

第7回レコンキスタが終了しましたが、基本的にはリドラフトと遠従者中心の紫省きという前回のバランスとあまり変わらなかったと思います。

今後もUR遠が充実してくると遠従者タクティクスが最重要となり、UR手持ち数に左右されるレコンキスタになりそうでもありますね。

2周年に復刻ガチャが来るなら、クリスマスマーヴェル複数が人気となる恐ろしい可能性も高いですが、レコンキスタ順位の優先度はそこまで高くないのが救いでもあると思います。

それではレコンキスタお疲れさまでした。
[cc id=1744 title=”オルサガリンク”]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

約20年のゲームマニアでございます
最近は据え置きよりスマホソシャゲばかり
アクション系やリアル系が苦手。オートバトル万歳
いまのメインはオルサガ

目次
閉じる