【オルサガ】第6回統一戦感想

オルサガで第6回統一戦が終わりました。一大イベントなだけに燃え尽き感も感じてしまいますが、少し今回を振り返ってみたいと思います。

目次

統一戦予選

%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%82%ac%e7%ac%ac6%e5%9b%9e%e7%b5%b1%e4%b8%80%e6%88%a6%e6%97%a5%e7%a8%8b

今回の予選で感じたことは、UR手持ちの揃っている上位と当たるとスコアが伸びず、URよりもSSRオーダーユニットで揃えている団と当たるとスコアが伸びるということですね。

今までの統一戦でも上位と当たるとスコアが伸びない、下位と当たるとスコアが伸びるのは当然でしたが、URの殲滅力によってそれがより顕著になったと思います。

エースオーダーレベル5が揃ってきたことも影響していますね。殲滅と防御効果によって、アサルトオーダーメイン時代よりも両者が高スコアにならない気がします。

それでも火力インフレによって、確実に平均スコアは上がっているんですけどね。URメインとSSRオーダーメインのどちらと当たるかによってスコアはかなり差が出て、上位同士よりも下位同士の方が明らかにスコアが伸びているのが印象的でした。

グループリーグ

グループリーグはスコアよりも勝敗が重要なので、予選と違ってマッチングに左右されにくいです。

ただ、予選スコアによってのグループリーグ振り分けが順当ではなく、偏りによるトータルでの波乱は大きく見えました。

まあ、これは戦力が不足していても勝ち抜けるという望みにもなるのでアリだと思います。

トーナメント

トーナメントはグループリーグのように勝敗戦です。

相性も多少はありますが、以前のようにフォートレス・キャッスルヴェールのような戦略性は低くなったので、UR4凸などの課金力の差が出やすいですね。

ただ、SS-とS+の復活1秒分の差も大きく、現在ではSS-も余裕ではないので、ギリギリでS+で抑えるというのも重要になってきます。少しの戦力差よりも1秒差ですね。

URでの力押しではなく、バランスも考えた編成が重要ですが、これはタクティクス配分もそうです。今回はオーダーだけではなく、URの個別タクティクスも含まれるのでその辺りの配分や使い方も重要といった感じでした。

まとめ

オルサガ一大イベントの統一戦が終わりました。火力だけではなく、バランスがいつも以上に重要だったと感じます。

前回辺りからアサルトオーダー4よりもエースオーダー5が重要でしたが、今回はこれがより明らかでしたね。まあこれはアサルトオーダー5になると変わるかもしれませんが、殲滅強化によっては通常戦でもエースオーダー重視を考えなければならないかもしれません。

統一戦は一大イベントなので区切りにもなりやすく、今回も解散騎士団や引退者が数多く見受けられてしまいますが、そこは次の強豪騎士団への世代代わりに期待したいところですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

約20年のゲームマニアでございます
最近は据え置きよりスマホソシャゲばかり
アクション系やリアル系が苦手。オートバトル万歳
いまのメインはオルサガ

目次
閉じる