【オルサガ】個人戦ナイトオブゴールド

さて、個人戦ナイトオブゴールドのエントリーを受付中ですね。

個人戦ナイトオブゴールドは、パーティーを設定しておけば全自動で進むためすごく好評ですね。1日30分×2回の騎士団戦での消耗に比べると非常に楽ですし、個人の力が試される良イベントだと思います。

2016年3月・第4回ナイトオブゴールドはこちら
第4回個人戦ナイトオブゴールドのパーティー攻略

目次

個人戦イベント概要

予選~銅騎士戦

予選は上位60800ユーザーが通過でき、これはよほど始めたばかりのプレイヤーじゃないと通過できる数字だと思います。

銅騎士戦は予選通過者と3回戦のトーナメントバトルですね。3回勝ち抜いた7600人が銀騎士戦に進めます。正直ここで強者と当たってしまうと一発アウトですね。
ただ、敗者復活もあり、ナイトオブゴールド用パーティーのパラメータ総合値が高い592人が敗者復活できます。これは意外と厳しい数値で全て4凸のレベル99ユニットで固めていないと通過できないと思います。

また、銅騎士戦は大将パーティーのみで戦うので大将パーティーに戦力を集中させてください。

銀騎士戦~金騎士戦

銀騎士戦からは先鋒、中堅、大将の3パーティーを使います。

銀騎士戦1日目は8192人が3回戦のトーナメントバトルを行い、1024人が2日目に進出します。
2日目は1024人が32人が32グループに分けられグループ内で5回戦のトーナメントバトルを行ない、32人が金騎士戦に進出します。

金騎士戦では、32人が5回戦のトーナメントバトルを行ない頂点を決めます。

また、銅騎士戦と銀騎士戦1回戦敗退者は、2日間全6回の報酬が獲得できるサブバトルを行ないます。

攻略

予選突破はそれなりにパーティーを育てていれば通過できると思います。
その後は全てトーナメントが続くので、強者と当たれば一発でアウトとなってしまいます。
敗者復活もありますが、基本的には厳しい戦いが続きますね。勝ち進むほどふるい落としが進むので強者と当たる確率も高まります。

ただ、戦いが戦力だけで決まるのではなく、相性も大事になってきます。
次の対戦相手の前回バトルも見ることができるので駆け引きもでるので、相手のシートやユニットを見てこちらも調整していきたいですね。

相手がスピードスターやデコイを使っているなら弓編成、相手に打属性が多いならデコイやシェルガードなどかなり考える要素があります。
自分がいまデコイを使っている→相手は弓で来るかも→ジェミニに変更といった先読みもできますね。

アビリティも暗闇や孤撃で妨害するか、決意や守勢で守り重視で行くか等かなりの選択肢があるので考えどころです。

あとは、先鋒、中堅、大将の3パーティーに13ユニットを振り分けるので相手がどこにユニットを割り振るかを予想するのも大事です。
3.5.5編成にするか、4.4.5編成にするか、3と4をどこに持ってくるかという駆け引きですね。2勝すればいいのでどこを捨てるか悩みどころです。

まとめ

予選:自動(大将パーティーのみ)
銅騎士戦:トーナメント3戦(大将パーティーのみ)
銀騎士戦:トーナメント8戦(3パーティー)
金騎士戦:トーナメント5戦(3パーティー)

基本的に13ユニットを4凸していなければ勝ち上がるのは難しいと思われるのでかなり実力を問われますね。
騎士団戦と違い、個人戦ナイトオブゴールドは時間の取れないプレイヤーにとっても上位を目指せるイベントですので手持ちユニットと腕の見せ所だと思います。

オートバトル好きな私にとって、個人戦ナイトオブゴールドはもっと頻繁に開催して欲しいと思える良イベントですね。

[cc id=1744 title=”オルサガリンク”]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

約20年のゲームマニアでございます
最近は据え置きよりスマホソシャゲばかり
アクション系やリアル系が苦手。オートバトル万歳
いまのメインはオルサガ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる