黒猫のウィズでアビスコード対抗精霊と高難度ステージが追加されました。
同時にガチャではウィズセレクション祭AbCdRe:Viveも開催されます。もうネーミングに関してはなんでもアリ感ですね。

ということで、今回は新アビスコード精霊と旧アビスコード精霊のL(レジェンド)化について書いてみたいと思います。

旧アビスコード対抗精霊のL化

アビスコード対抗精霊では、カルム、テルミド、カイン、ニレイヌ、ニティアがいますが、今回やっとのL(レジェンド)化となりました。

まあ、L化自体は嬉しいんですよね。インフレによってほぼ使えなくなっていた旧精霊がステータスアップやスキル倍率アップによって多少は使えるようになるのですから。

 

ただ、同時に新アビスコード対抗精霊として、同じ精霊を新バージョンとして出すのがセコいというか目先のことしか考えてないなと言う感じがします。

そりゃあ、利益団体ですから売上をわざわざ捨ててまでユーザーのためになることはしないとは思いますがあざとすぎませんかね。

旧精霊のL化で新バージョンにしろとは言いませんが、なぜにヘイトがたまるようなやり方ばかりしてくるのかと。

まあ、旧精霊をほったらかしにされるよりはまだマシですが。
今回のL化で多少は使えるようになる精霊もいますしね。

新アビスコード対抗精霊

カルム、テルミド、カイン、ニレイヌ、ニティアの新バージョンがガチャに追加です。
旧バージョンの進化先ではありません。

全て複属性精霊となっていて、旧バージョンよりは明らかに強いです。スキル構成は結構変わってますけどね。全て種族はAbCdです。

(新)カルム(L)
水・光属性
HP:3003
攻撃:3014
AS:5チェインダメージアップ
SS:パネルに水光25%軽減。HP20%以下でさらに35%の軽減効果

(新)テルミド(L)
火・闇属性
HP:2778
攻撃:3132
AS:5チェインで火属性の味方の攻撃力をアップ(効果値:90)、パネルの色が2色以上でさらにアップ(効果値:30)
SS:敵単体へ火・闇属性の5回連続ダメージアップ(効果値:380)。HP20%以下でさらにダメージアップ(効果値:380)

(新)ニティア(L)
水・光属性
HP:4554
攻撃:1987
AS:水属性のみ方を回復(効果値:13)、HP20%以下でさらに回復(効果値:25)
SS:スペシャルスキルの発動ターンを2早め、敵単体の攻撃ターンを2遅らせる

(新)ニレイヌ(L)
火・闇属性
HP:3632
攻撃:2710
AS:7チェインで敵単体を3回連続攻撃(効果値:550)
SS:3ターン全属性のダメージを50%軽減する。HP20%以下でさらに3ターン軽減する

(新)カイン(L)
雷・闇属性
HP:2221
攻撃:3579
AS:7チェインダメージアップ(効果値:550)
SS:敵全体のカウンターを解除し、雷属性のダメージ(効果値:180)HP20%以下でさらにスキルを反射を解除し、ダメージアップ(効果値:120)

 

新アビス精霊はHP20%以下で効果上昇シリーズですね。
壊れ性能はいませんがどれもそこそこ使える思います。

それにしてもスキル効果がどんどん長くなりますね。バカらしいです。シンプルイズベストという言葉とは程遠いですね。
おそらくこれからも、~以上で~かつ~の効果~そして~みたいになるのかと思うとゲンナリです。

アビスコード高難度ステージ追加

実装当初のアビスコードはギリギリの難易度で、最新精霊を揃えていなければノーコンクリアできない絶妙な難易度だったのですが、度重なるインフレによってそれなりのデッキなら適当にやってもあっさりクリアできるぐらいとなっています。
すごいよ黒猫のウィズ。

そこで新しく高難度を追加するというのがお決まりの流れですが、今回も例外なく高難度ステージが追加ですね。

まあ、このイタチごっこ続くのはしょうがないんですが、今回の高難度ステージはそこまで難しくない気もします。
おそらく運営側も、膨大な精霊の数とスキルが複雑すぎてどの程度インフレしているか正確に把握できていないんじゃないでしょうか。

まとめ

おなじみの半月に1回の新精霊追加ですが、今回はアビスコード精霊の新バージョン5体です。
そこまで必須の性能にも見えないのでガチャはスルーしてもいいんじゃないかと感じますね。

精霊の数もかなり多いので、スキルなんかはあまり複雑化せずに考えて楽しめる範囲にしてほしいところです。