スマホゲームアプリ、ソシャゲでの課金規制が話題となっていましたが、業界がガチャ関係について自主規制を発表しました。

特にガチャ周りでの課金についての問題は以前から取り沙汰されていましたが、やっと具体的な内容が決まったというところですね。おそらくユーザーにとっては嬉しい内容だと思います。

スポンサードリンク

ガチャ規制

業界団体の日本オンラインゲーム協会がまとめた自主規制のガイドラインです。ガチャ関係ですね。

有料ガチャの設定に関する事項
(1)有料ガチャにおいてガチャレアアイテムを提供する場合、以下のいずれかを遵守するものとする。
a. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額(その設定された提供割合から期待値として算定される金額をいう)の上限は、有料ガチャ1回あたりの課金額の100倍以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額または倍率を表示する。
b. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額の上限は50,000円以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額を表示する。
c. ガチャレアアイテムの提供割合の上限と下限を表示する。
d. ガチャアイテムの種別毎に、その提供割合を表示する。

引用:日本オンラインゲーム協会

過去ではコンプガチャ規制も起きましたが、ガイドラインによる自主規制ということですね。

おそらくこれは法規制される前に自主規制で予防線を張ったという形でしょう。法規制が入ると色々と厄介ですからね。

内容的には、上限で該当アイテムが排出される天井が設けられ、確率明記をすることによって透明性を増すといったことでしょう。

今までが不透明過ぎたのですが、これでそれなりに納得して課金できるという人も多くなるかもしれませんね。

ソシャゲ課金の利益

今回のガチャ関係の自主規制は、おそらく某ゲームの70万以上課金しても目的のキャラが引けなかった騒動がきっかけだと思います。かなりの苦情が寄せられたようですからね。

まあ、その前からソシャゲのガチャ課金についてはエグすぎるとの意見は出過ぎるほど出ていました。いかにソシャゲが儲かるかは各社の株価でもわかると思います。ゲームアプリをリリースするっていうだけで株価が跳ね上がる異常事態でしたからね。

代表的なところでは、ガンホーの株価は最大で100倍、mixiは20倍まで上がっているはずです。100万円をガンホーで1億円、それをmixiに投資すると20億円です。

まあ、こんな尻尾から頭まで取れた人はいないと思いますが、パズドラ→モンストの流れはわかっている人も多かったのでソシャゲ株で億を達成した人も多かったですね。

(ちなみに最盛期からガンホーは5分の1、ミクシーは2分の1にまで株価が落ちていますので泣きを見た人も多いです。)

まあ、株の話はさておき、それぐらいソシャゲの利益が異常だったということでしょう。

開発費や売り上げに対する利益がかなりの比率のはずです。売り上げ自体の桁もすごいんですけどね。

グレーゾーン

ゼネコン、消費者金融、IT業界などと目立つ業界は叩かれるという図式はお決まりですね。消費者と政財界両面からです。

この辺はグレーゾーンの部分もありますが、どこまでお偉いさん方と関係を持てるかというところも重要になってきます。言い方は悪いですが癒着ですね。

パチンコ業界なんかはいい例だと思います。グレーすぎる業界ですが色々な利権が絡んでいるため、見過ごされている部分が多い状況がずっと続いています。良くも悪くもソシャゲってパチンコと似ているところが多いと感じますね。

それでも消費者満足度が高い、社会貢献度の大きいシステムとなっているのなら消費者は喜んでお金を払うのですが、現在のソシャゲは消費者の疲労度の方が高いと思います。

まあ、課金してるのは自分の意志なんですけどね。プレイを続けていると上手いこと課金させられてしまいます。

まとめ

スマホゲームアプリ、ソシャゲのガチャ周りに自主規制ですがガイドラインができて少し透明性が増すような内容でした。

あくまでもガイドラインですけどね。

ガチャ天井のようなものを意識してもらえるのも大きいと思います。それでも上限50000円ってかなりの額ですが。

同じゲームで比べると、コンシューマーのゲーム1本5000円とソシャゲの5000円ではかなりの価値の違いがあります。

アーケードを比較対象とした方が価値が近いかもしれませんが、それでもソシャゲの課金価値は低いと思います。アーケードぐらいの課金価値ならちょうどいい感じもするんですけどね。

ソシャゲが面白いのは間違いないですし、これからも発展していってほしいので、短期的な搾取ではなくメーカーとユーザー両方がプラスになるバランスを目指してほしいところです。