オルサガで第9回統一戦は開催されました。

プロローグでの会話はさりげないですが興味深いところですね。

スポンサーリンク

第9回統一戦プロローグ

今回の統一戦も、プロローグで編成について触れられていたので振り返ってみます。

シート

シートが一番変わったポイントで、打のラピスや属性混合のペンタゴンかということですね。

ラピスでミーティア対策となりますし、各属性を有効に使えるペンタゴンも魅力的です。これまでよりはミーティア1強が崩れる可能性もあるでしょう。

ただ、URの有用ユニット的に打が少なめということもあって、ラピスもペンタゴンも打の数がネックになりそうですが、打が編成に多くなるようであればどちらも有効に使えて、ミーティア以上となる可能性も秘めていると思います。

URとオーダー

毎度の見所ですが、URとオーダーの使い方は重要です。

なんだかんだで、これまではSSRオーダー優勢でUR10よりもSSRオーダー混合が強かったのですが、今回はURオーダー真が4体いることによるUR編成がどうなるかが注目どころです。

オーダー真4とランページ絶5に速度系ユニットを加えたUR10編成や、ランページを削ってSSRオーダーを入れるのか、速度ユニットは不要なのかと選択肢も多くて悩ましいところでもあります。

シャドウオーダーは3になりましたが、防御系オーダー系によってリスクもありますし、なかなか難しい部分もあるかもしれませんね。それなら前回と同様にランページ絶でスコア稼ぎが安定する傾向もあります。

ただ、ランページ絶5にすると突属性が多くなるなどの兼ね合いもありますし、全体のバランスも重要になってくるでしょう。

色々なバランスからベスト編成は難しいところですが、前回よりは間違いなくUR編成が強くなったことは言えるはずです。やはりURオーダーの存在は大きすぎますね。

施設レベル

施設レベルも重要とのことですが、これはシンプルにステータス強化なので当然です。

施設レベルが高いほど有利なことに間違いはないでしょう。

曜日の土日クエストも解放されていますし、少しでも施設を完成に近づけるためにゴールド稼ぎは欠かせません。

スポンサーリンク

まとめと展望

第9回統一戦プロローグを振り返ってみましたが、UR数と編成、そこにシート選択といった内容でした。

今回の展望としては、スコアアップとカットがどれだけできるかに重点がある気がするので、ランページの数をどう調整するか、そのための殲滅力をどれだけ上げるかが分かれ道となるかもしれませんね。

殲滅力を上げるだけではなく、相手の殲滅率をどれだけ下げられるかというのも重要になってきそうです。

この辺は相性も発生しそうで正解は難しいところですが、それを突き詰めていくのも統一戦の面白さだと思うので、予選・リーグ・トーナメントとガチ戦を楽しんでいきましょう。

オルサガ攻略

 

iTunesカード・Google Playカード割引キャンペーン情報

スポンサーリンク