オルサガで第8回統一戦が開催されました。

プロローグではキャラの会話が繰り広げられるのですが、割と参考になる内容も語られ、前回ではハイブリッドが強いとのヒントもありましたし、今回も見逃せない内容だったかもしれません。

スポンサーリンク

回復時間短縮

今回と前回の統一戦の大きな変更としては、回復時間短縮によるパーティーランクの強化制限がほぼなくなったことでしょう。

S+が8秒、SS-は9秒が6秒になったのでかなりの違いだと思います。

これによって、UR多めでの編成も組みやすくなりますし、変に弱い従者を入れるなどの調整もしなくて済みます。

ただ、それでもまだURを10枚入れられるかは疑問が残ります。

プロローグでは、「いよいよUR10でパーティーを組めるように」的なこともありましたが、これは難しいところかもしれません。しっかりアーロンも「SSRオーダーで対抗だ」と返してましたしね。

URも有用タクティクスが多くなり、これをどの程度入れられるか、どれを何枚入れるかというのも大きなポイントになりそうです。

あとは、単純に攻撃回数が増えることによるスコアインフレですね。地力の差が大きくなるかもしれません。

URは強いけどオーダーも強い

一番議論される点はURが何枚入るのかという点かもしれませんが、基本的にはオーダーが強く、「オーダー20枚が個別タクより上」とプロローグで語られていました。まあ、当然だと思います。

これをタクティクスレベル5で使うということを考えると、オーダー5は外せないという可能性も高いです。意外な組み合わせが正解かもしれませんし、攻防のバランスも重要なはずです。

この辺は検証を重ねている騎士団ならある程度の答えは見つかっているかもしれませんね。

「従者による10%が勝敗を分ける。URはURを従者にできる」的な内容もプロローグで語られていましたし、URの質が重要なことも間違いないでしょう。

スポンサーリンク

施設レベル

あとは当然の施設レベルです。

これもプロローグで語られていましたが、施設レベルが高いほど強いというシンプルさです。ここにはバランスや構成というよりもゴリ押しでどれだけ育てているかですね。

現時点でオール150はそれなりの対価も払ったと思いますし、単純に騎士団全体の強さだと思います。上限200になったらと思うと恐ろしいですが。

まとめ

オルサガ最大のイベントと言っていい統一戦が開催中です。

今回のプロローグでは基本的なことが多く、前回のハイブリッドが最適解的な目新しさはありませんでしたが、キャラの騎士団作戦トークは割と好きなので、これからもちょいちょい挟んでほしいなとも思います。

それではまずは予選ということで、スコアをしっかりと稼いで目標のカテゴリーに進出していきましょう。

オルサガ攻略

 

iTunesカード・Google Playカード割引キャンペーン情報

スポンサーリンク