記憶イベント中なので騎士の記憶について書いてみたいと思います。

オルサガでユニットの限界突破ができる騎士の記憶は最重要アイテムのひとつですね。

騎士の記憶の入手方法はイベントや交換での集め方がメインとなってきますが数が限られているので使い方も重要です。

スポンサーリンク

騎士の記憶と限界突破

騎士の記憶の使い道はユニットを限界突破させることです。
どのユニットにも使えますが、SSRユニット以外に使うのは非常にもったいないのでSSRユニットに使ってください。

限界突破は騎士の記憶を使うか、同一レアユニットを強化で重ねるごとに最大レベルが上がり、最大で4回の限界突破ができます。

限界突破は凸と言われることが多く、1凸は1回限界突破をしているという表現です。

SSRユニットの現在の最大はレベル99で、
無凸:レベル60
1凸:レベル70
2凸:レベル80
3凸:レベル90
4凸:レベル99
というレベル上限の上がり方です。

価値

限界突破に使う騎士の記憶の個数は、12コストユニットは50個、13コストは60個となっています。

ガチャで引いたSSRユニット1枚と同価値なので、聖王石5個のレアガチャ3%を考えると、聖王石165個分の価値が騎士の記憶50~60個にはあります。
割ってみると騎士の記憶1個当たり聖王石約3個分の価値ということですね。

まあ、そう単純なレートではないですけど、通常レアガチャと比べるとという観点です。

実質的な価値は、好きなユニットを限界突破させることができるのでもっと上だと思います。

集め方、入手方法

騎士の記憶の入手方法は、キャラの騎士伝クリアと、メダルやイベントでの交換や報酬がメインですね。

キャラの騎士伝クリアでは、1キャラにつき5個入手できるはずです。
キャラ数も100ほどいるので全て回収するとかなりの量が集まりますが、数に限りはあるので無駄な限界突破はしないようにしてください。

また、騎士伝のエピソード開放はNキャラでも大丈夫ですので、余裕のある時はパーティーにNキャラを入れてエピソードレベルを上げると効率的です。

 

イベントでの入手数は、各イベントによって違いますが、魔女の追憶イベントだと270個の交換ができる最大の記憶イベントとなっています。ここで頑張れるかどうかはかなり戦力強化に差が出ます。

他のイベントでは10~20個ずつほどの交換でしょうか。魔女の追憶イベントと比べると少ないですが、地道に集めることが重要ですので優先的に交換して入手しておきたいところです。

 

騎士団戦で入手できるメダルとの交換は毎月10個までで、1個につきメダル20個との交換です。毎月リセットされるので忘れずに交換しておくことをおすすめします。

騎士団イベントのレコンキスタや統一戦では順位に応じて数十個ずつの報酬ですね。
ナイトオブゴールド個人戦の入賞でもいくつか貰えます。

使い方と所持数確認方法

使い方はユニット強化時に、ユニットと騎士の記憶のタブを切り替えて使うことができます。
何段階かまとめて限界突破させることもできます。

ここで所持個数の確認もできますが、ホーム画面で左上のデータ欄をタッチしても所持個数確認ができます。

ガチャに強キャラがラインナップされた時のために、4凸分以上の騎士の記憶250個以上は常にストックしておいた方がいいでしょう。

誰を限界突破させるか

どのユニットを限界突破させるかは、SSR確定ガチャ選びと同じく難しい問題です。

まずは、通常騎士団戦とイベント騎士団戦どっちに重きを置くかですね。

通常騎士団戦なら役割に応じてですが、タクティクスがオーダー系で問題ないかと思います。
(追記)以前はジャガーノートが重要でしたが、現在は通常戦でもオーダーユニットが重要です。

イベント騎士団戦ではポイント獲得重視ですので、攻撃力の高い斬属性か、タクティクスがオーダー系やアサルト持ちユニットがいいと思います。

これは新ユニットがくれば優先度は変わりますし、どのユニットがいいかを詳しく書くと長くなりそうなので、ユニット評価ランキングで点数を付けて随時更新しているので参考にしてみてください。
SSRユニット評価ランキング

スポンサーリンク

まとめ

ユニットを限界突破できる騎士の記憶はオルサガでは最重要アイテムのひとつです。

ガチャで限界突破しようとするとSSR確率3~4%から特定キャラを引かなければなりませんからあまり現実的ではありません。
使いたいキャラを限界突破させるには騎士の記憶を使うということがメインになってきます。

騎士の記憶は聖王石を使ってでも集める価値はありますね。
入手方法は交換や報酬など様々なので、優先的に獲得していきたいところです。

オルサガ攻略

 

iTunesカード・Google Playカード割引キャンペーン情報

スポンサーリンク