オルサガのユニット性能で一番重要なのはタクティクスですが、騎士団によって重視するべきタクティクスは違ってきます。

これは主に参戦人数や騎士団ランクによるところが大きいと思います。

スポンサーリンク

騎士団ランク

騎士団ランクはS~Gまでがありますが、現在はSが上位、ABが中位、C以下が下位といった位置付けでしょうか。

以前はもう少し競争が激しかった気がしますが、解散騎士団も多くなり、参戦率や手持ちが緩くても上のランクにスライドしている傾向があると思います。

昼夜の参戦率がいいのはS上位だけで、S~Aの入れ替え位置は昼まったりというところも多いですね。

手持ちユニットもですが、参戦率が作戦に影響するところが大きいので、優先タクティクスはランクによって違ってきます。

作戦ごとの優先タクティクス

作戦は様々ですが、ランクや参戦率での優先ユニット傾向があります。

CB力を上げるアサルトとポイントライズは共通ですが、殲滅が全体を支援するオーダー+ウィッシュなのか、ジャガーノートなどの個別タクティクスかどうかが大きな違いだと思います。

最近ではランページは上位下位共通で使えると思いますが、ランページを3分生かすためにジャガーノートとウィッシュどちらでBPを回復するかの違いもありますね。

ジャガーノートは重要?

参戦率のいい騎士団では、全員に影響のあるオーダー系とフォースオブウィッシュが効果的です。

ジャガーノートは1枚当たりBP150~200ほどの回復(タクレベル依存)、ウィッシュはBP20~30×参戦人数なので、タクティクスだけで見るとウィッシュの方が基本的に大きく勝ります。

しかし参戦率が悪いとジャガーノートの方が回復量が大きくなりますし、大きな違いはウィッシュユニットよりもジャガーノートユニットが強いということでしょう。

現在のウィッシュユニットはSRメインなので、URジャガーノートが出ている格差がかなりあります。なので上位でもURジャガーノートで回復と殲滅の両方を兼ねるように使うこともできていますね。

ただこれは、第3部でSSR主人公がウィッシュ絶で出れば、性能面での格差が縮むのでまた違ってくると思います。SSRジャガーノートを使わなくなったのと同じ流れになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

統一戦

あとは統一戦ですが、統一戦でジャガーノートはほぼ死にタクティクスとなっています。これは上位下位共通だと思うので、この1点だけでジャガーノートは優先タクティクスではなくなります。

統一戦では手持ちの違いこそあれ、参戦率はそれなりにいいでしょうから下位でもオーダー重視が基本になると思います。

まあ、今はまだSSRオーダーとUR個別タクティクスの混合状況なので、オーダーよりもUR個タク重視という過渡期でもあると思います。

逆に言えばSSRが使える最終期でもあり、URオーダーが来た時がSSRの出番がなくなる時になりそうですね。

まとめ

上位と下位の優先タクティクスについて書いてみましたが、主に参戦率によるジャガーノートとウィッシュ、オーダーの使い方の違いになると思います。

統一戦ほぼ参加なしで、ずっと下位で戦うならジャガーノートの有用度は高いですが、基本的には記憶を使うのはもったいないのでジャガーノートに使うなら温存の方がおすすめです。

下位から始める初心者さんはジャガーノートの強さを感じるかもしれませんが、騎士の記憶は重要なので目標によって記憶の使い方は変える方がいいと思います。

オルサガ攻略

 

iTunesカード・Google Playカード割引キャンペーン情報

スポンサーリンク