オルサガで12/31から正月キャンペーンが予定されています。

気になる正月限定ユニットはURフォルテとアーデルハイドで、新タクティクスのバーサクの実装です。

スポンサーリンク

URアーデルハイドがバーサク真

去年の正月ユニットはジャガーノートのソフィと、ヒールのデジレでしたが、今年はURということもありなかなかの性能がラインナップされました。

フォルテこそジャガーノート絶でしたが、アーデルハイドがバーサク真ということで使いどころがあるのではないかと思います。

バーサク真

バーサク真の性能は「強襲が発生無効、バトル時に攻・防中UP(3分間)」です。

エース真的なバフ効果に加えて、強襲が発生しないというのが殲滅特化できる点ですね。

確実に殲滅したいランページやジャガーノート使用と重ねるのが効果的だと思います。

ただ、統一戦でキリ番のバフ保険にできないことや、強襲スコアが出ないというマイナス面もあります。

殲滅スコアがアップしたとはいえ、強襲スコアはまだまだ大きいので、出撃枚数との兼ね合いが重要となりそうですね。

殲滅と強襲スコア

攻撃力、アビリティ、チェイン、バフ量などによりますが、強襲は1枚当たりの目安は2000~4000ポイントといったところでしょうか。

殲滅スコアは5体全滅で5000~6000ポイントほどなので、通常戦で3体出撃だとすると強襲スコアの方が上になりそうです。ランページ使用でやっと強襲に追い付くといったところでしょう。

これは5体出撃がメインになる統一戦だと、より強襲スコアの方が上ということになります。

なので、通常戦のランページ併用がバーサクの効率的な使い方になりそうですね。

統一戦では攻防バフによる殲滅効果が期待できますが、強襲が出ないマイナス面が目立つ気がします。

まあ殲滅はスコアだけではなく、色々な副産物もあるので一概には言えないんですけどね。

レコンキスタと防御タクティクス

強襲発生無効は、レコンキスタでの青染め殲滅スコアアップにも使えると思います。

あとは強襲率を上げまくった赤染めを、フォートレスオーダーとキャッスルヴェールでCBポイントを抑えられた場合もバーサクで対策ができそうです。

このどちらの使用も限定的ですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

正月ユニット性能はアーデルハイドがバーサクということで、去年の息抜き感とは違うイベントとなりそうです。

バーサクはバフ的にはアリなのですが、強襲が出ないというプラスとマイナスの両面があります。

通常戦ではランページと併用が効率的ですが、それならもう一枚ランページを入れる方がいいのではという感じもしますね。

と言ってもURユニットが限られている状況では、アーデルハイドは突属性URということで、殲滅のベスト選択肢にも入りそうなので確保するべきユニットかなと思います。

 

SSRユニット評価ランキング

URユニット評価・タクティクス一覧

騎士団戦おすすめユニット

オルサガユニットステータス

オルサガ攻略トップ

スポンサーリンク