オルサガでCB(キャッスルブレイク)は騎士団戦でのポイント獲得の要です。

今回はCBについて、ランダム発生する強襲CBについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

CB(キャッスルブレイク)

キャッスルブレイクにはキリ番とCBC(キャッスルブレイクチャンス)と強襲キャッスルブレイクがあります。

キリ番は末尾0、CBCは敵全滅時に発生となりますが、強襲CBはランダム発生となっていて意図的に発生させることはできません。不確定要素ですね。

強襲CB(キャッスルブレイク)

オルサガ強襲キャッスルブレイク

強襲CBは基本的にキリ番以外でランダム発生です。

発生確率はユニットスピード、城レベル差、生存ユニット差などいろいろな要素に影響するといった噂があります。

また、キリ番付近を同時に踏むとキリ番処理のようになって発生しやすいという説もあります。

ジャガーノート後に強襲CBが発生しやすいといったオカルト的な話もありますが、シャドウで急襲CB確率が上がるのでタクティクスで発生確率上下の付加効果を付けることも可能ということです。

あながちジャガーノート強襲アップ説も間違いじゃないのかもしれません。気のせいの部分が大きいと思いますが。

とりあえず、相手城レベルに対しての発生確率を取ってみました。

強襲CB確率

自城レベルに対しての敵城レベル差での確率で、シャドウは使っていない素の状態です。
試行回数はもちろんキリ番以外の数字です。

生存ユニットや出撃ユニットは特別決めていないのでランダムですが、ほぼ同条件での検証になっていると思います。

強襲CB発生確率
敵城レベル差 試行回数 発生回数 発生確率
+5以上 262 17 6.5%
±4以内 553 46 8.3%
-5以下 970 105 10.8%

偏っただけかもしれませんが、相手城レベルが低いほど強襲発生確率も高くなる傾向となりました。

城レベルが高いということは、相手の騎士団自体が強く、参加率や生存率、パーティーレベルが高いということもあると思うので、城レベルだけが関係しているのかはわかりません。

ただ、強襲発生確率はタクティクス以外に何かの条件が関係しているということは考えていいと思います。個人的には速度と生存ユニットかなと思っています。

これはポイント獲得が重要な統一戦ではより効果が発揮されるので、気にした方がいい点かもしれません。

シャドウ確率

強襲CBを上げる効果のタクティクスにシャドウがあります。

シャドウ効果は、体感ではおそらく倍程度になっているのではないかと思います。対城レベルで15~25%といったところでしょうか。

タクティクスレベルの影響は、他のタクティクスと同じようにレベルが1上がるごとに1~2%上がる程度のような気がします。

 

フル出撃だと3分間で約10回攻撃できるので、シャドウを使うと1回ほど強襲CBが多くなるといった感じだと思いますね。

これをどう取るかですが、正直通常戦ではあまり効果的ではないです。3分間の攻撃回数も少ないでしょうし、殲滅役が強襲を出しても獲得3000ポイントといった辺りでしょう。

攻城アビリティを付けてCBパーティーで攻める統一戦だと、一撃が10000ポイントを超えるのでシャドウの重要度も上がり、バフ並みに使えるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

強襲CB確率は敵城レベルによって6.5~11%という結果になりました。

これは仕様変更によって以前より修正された値なので、これからも変わる可能性は十分にあると思います。

また、アミュレット導入によって劇的に確率は上下するものと思われます。

このベース値を気にしながらシャドウ導入やアミュレット調整をするのもいいかもしれませんね。

 

SSRユニット評価ランキング

URユニット評価・タクティクス一覧

騎士団戦おすすめユニット

オルサガユニットステータス

オルサガ攻略トップ

スポンサーリンク