こないだアプリ課金しようとしたらエラーが出ていたんですよね
どうやらauかんたん決済の上限が自動的に決められていたようで残高不足エラーのような感じでした
そういえば上限設定のそれらしきハガキ案内が来ていた気がします

僕はそこそこゲームに課金する方なので、このままではけけっこう困ってしまうことになります
解除してもらわねばということでauに問い合わせてみたところ、お答えは「上限は変更できません」とのことでした

どうやら、独自の審査のようなものがあるようで、設定された上限以上はどうあっても変更できないようです。上限内なら変更できるようですが1万円ですからね…

審査というか基準は教えていただけませんでしたが、少し調べてみると使用状況や支払い状況による基準なんじゃないかという情報がありました
ですけど、支払いが遅れたことはないし、月に3万程度は使うそこそこ使用している方だと思うんですけどね。それがダメなのかな?
あとは、銀行引き落としじゃなくて支払書でのコンビニ支払いにしてるのが影響しているのかもしれません

うーん、今回の上限設定は使いすぎ防止が目的なんでしょうけど、基準が解せないですね
とりあえず、googlepiayカードを買って対応しましたけど

スポンサードリンク

 

月いくら課金する?

でも月1万円の上限ってけっこう低くないですか?
使いすぎ防止にしても5万円、せめて3万円ぐらいでいいと思います

一般の人にとっては月にゲームやアプリに使う金額ってどのくらいなんでしょうか?

ちょっと調べてみたら課金額の分布のようなデータは見つかりませんでしたが、ユーザー全体の平均課金額って月500円ちょっとぐらいのようですね
全体の6割程度が無課金のようなので課金する人じたいがそこまで多くないんですね。さらに月10000円以上課金する人はかなり少数派のようです
で、その少数派の中に10万単位で使う人々も存在するといった感じですね

アプリ市場

けどまあ、いまのCMや広告状況を見るにアプリやゲーム課金による市場が大きいのは間違いありません
今一番成長している分野じゃないですかね。アプリ、特にスマホゲーム分野にはすごくお金が集まっていると思います
黎明期、成長期と来て、既に成熟期に入っているのではないかという勢いです。まだアプリ市場が始まってから長い年月が経っているわけではないのにすごい加速度です

まあ、アプリに限らず、ひとつのビジネスの賞味期限がすごく短くなっていることは間違いないですね
このアプリ市場がどこまで成長し続けるのか、興味深くもあり危機感もありといったところです